日本基幹整体療法士協會 

日本基幹整体療法士協會とは

身体を整えることにより、体を正常な状態、安らかな状態へ導きます。
筋肉の弛緩と収縮、緊張と緩和のバランスを図り身体の正中線を整え、基本的な能力を高めていきます。

1988年全日本運動療法士を立ち上げ、老若男女問わず、健康な身体に導いてきました。
・医療法人と連携し、リウマチや膠原病などの難病や、脳梗塞による寝たきりの状況から歩行可能な状態にするなど、協同で治療の一環として取り組んできました。
・プロスポーツ選手の身体のメンテナンスを行い、最高の結果に導いてきました。
・経営者の方、お母様、お子様まで沢山の方達を整体し多くの結果を残し、喜びの声を頂いてきました。

31年目を迎え、名前も新たに、「日本基幹整体療法」とし、日本が健康立国として発展するために、一人ひとりが健康で元気であることが重要と考え,皆様が明るく元気なまちづくりを目指し、「心わくわく 身体らくらく 元気はつらつ 健康フェア」をサポートしていきます。

また、魅力あるまちづくりに賢い消費者(確かな目・知識・判断)の育成にも力をいれ、『医・居・衣・食・心・動』六育の分野で活躍する健康の全国ネットワークの一端として活動を広げていきます。

活動実績

・神戸製鋼ラグビー7連勝。

・ボクサー浅川誠二 チャンピオン奪還。

・ゴルフ高橋勝成プロジャンボ尾崎とデッドヒート優勝に導く。

・NTT女子バレーボール最下位から9カ月後優勝。

・学生へ整体、カウンセリングの後、有名大学へ多数合格させる。

皆様からの喜びの声

驚くべき整体を知る事が出来感謝の日々です

私は58歳のとき3回の脳梗塞を患い車椅子生活となり、日本基幹整体療法の整体を取り入れた治療を行っていました。
藁にもすがる思いで治療を受けました。立つ事が出来なかったのに、1週間で自力で立ち、3週間が過ぎたころには10m以上の歩行が可能となり、驚くべき整体を知る事が出来感謝の日々です。

(71歳 男性)

整体のお陰で大好きなサッカーを続ける事ができました

僕はサッカー、フォワード17歳の高校生です。スポーツ疲労の為、両足の半月板損傷になってしまい手術をして、スポーツは不可能と言われました。サッカーしか興味が無かった僕は、気持ちの整理が付かず引きこもり状態となってしまいました。
母の知人にこの整体を紹介され、整体を重ねているうちに痛みが薄らいでいきました。今では故障前以上にパワーが付き、ポジションを取られる事なくサッカーに没頭しています。整体のお陰で大好きなサッカーを続ける事が出来、楽しい高校生活を満喫しています。

(17歳 男性)

私にとって驚きの出会いでした

私は重度のリュウマチ・ヘルニアとの診断を受け20年以上の闘病の揚句、子宮がんと診断されました。
知人より整体を紹介され、ありとあらゆる良いと言われている医学を渡り歩いていた私にとって驚きの出会いでした。
整体施術・食事・カウンセリング受け、週2回整体を受け、普通の生活が出来るようになり第二の人生を歩んでいます。

(46歳 女性)

私にとって驚きの出会いでした

40代後半という若さでアルツハイマーと診断され、途方に暮れた毎日。
いつも頭が痛く、時には頭に金属の輪で締め付けられるような激痛がありました。そして、最悪の状態だった昨年7月、この整体を受けました。整体と食生活改善の6ヶ月、あの地獄の苦しみから今はすっかり解放され、私はもちろん家族全員がとても喜んでいます。今ではこの私が整体にチャレンジしています。
自分の健康管理だけではなく、家族や会社の人たちに活かせればと思っています。

(49歳 男性)

pagetop